私が知っているアパート・マンションの屋根メンテナンスについて

 私が知っているアパート・マンションの屋根メンテナンスにつきまして、まずマンション、アパートは大勢が生活している観点から必ず屋根の保守点検を実施しなければなりません。
よくありがちな内容としましては、定期的な保守点検自体を怠ると言うことが始めに挙げられます。

 その次にいざ屋根の保守点検を行った際によくありがちな内容としましては、釘が浮いていたり、スレート屋根材の変形と浮き、被膜の劣化等があります。
どれも放置すれば雨漏りを起こすなど深刻な状況になりかねません。

 サイディングに関してもそれほど厚みのある外壁材でもありませんので、劣化しだしたら大変なことになってしまいます。
サイディングやスレート等セメント系素材の劣化には注意しなければなりません。

 深刻な状態になる前に段階的なステップとしましては、まず初めに足場を組んで高圧洗浄とケレン作業を行うことが重要であります。
棟板金交換、雨漏りを防ぐための屋根塗装をやり直します。
 この際に注意する点としましては塗装が皮膜となり雨にも強い素材となってくれますので、被膜が全体的に形成されるためにもしっかりと、塗りムラがないようにしなければなりません。
他にも外壁塗装や様々なステップがありますが、一番重要なのは常日頃の外観検査でありますので、異常を見落とさないようにして頂ければと思います。